カップル

健康的な体を維持するには高血圧を予防しよう|生活習慣での注意点

減塩生活のコツ

和食

疾患や高血圧によって血圧コントロールが必要な場合は、毎日の食事で塩分を減らすことが重要です。1日の塩分摂取量を4gや6gなどに抑える時は、出汁類やお酢を有効に使って減塩生活を目指しましょう。また、汁物やお漬物をはじめ、ベーコンなどの加工肉も塩分が多い食品ですから極力控えてください。

健康維持にとって大切です

ウーマン

高血圧は成人に多い病気で、塩分の摂り過ぎや肥満、ストレス、妊娠などが原因になって起こると言われています。この場合にはめまいやむくみなどの症状が出ることもありますが、自覚症状がないままに進行する可能性があり、心臓や脳などに重大な合併症を引き起こす可能性もあります。このように大変な病気である高血圧を予防するには、薬の服用などの方法もありますが、まず食事の内容を考えて高血圧の原因にならないような食生活にすることが大切です。高血圧を予防するための食事としては、この病気の大きな原因となる塩分と、肥満を引き起こすカロリーの高い食物を避けるということが特に必要です。また、タンパク質は食塩の過剰摂取を防ぎ、血管の弾力性を保つという働きを持っているので、高血圧予防として必要な成分と言えます。

この他に高血圧を予防するための食事で注意することは、バランスの取れた食生活を継続するということです。そして、特に動物性脂肪の摂り過ぎはコレステロールを増やし、高血圧を含む生活習慣病を引き起こす原因になりやすいので、あまり摂らないようにすることが必要です。その一方で植物性の栄養素にはその心配がないばかりか、抗酸化作用を持ち、生活習慣病予防になる成分が多いので、野菜などを多く食べるようにすると良いでしょう。さらに高血圧にはストレスが関係することも多いので、ストレス解消に役立つような美味しくて栄養的にもバランスの取れた食事を摂ることも大切です。以上のように高血圧予防のために食事に関して考えることは重要ですが、その際に医師や栄養士などの専門家に相談してみると、さらに参考になる知識が得られる可能性があります。

食生活を見直そう

食事

高血圧は放置していると動脈硬化がすすみ、重篤な病気を引き起こしてしまうこともありますので、改善は早めに行っておきたいところです。食事では塩分の摂りすぎには注意し、塩分排出に役立つカリウムもしっかり摂っていきましょう。

宅食なら完食してもOK

女の人

サイレントキラーといわれ気づかぬうちに大きな病気の引き金になる高血圧には、食事の管理が大切です。毎日のことで結構負担になる献立や調理ですが、宅食という便利な方法もあります。管理栄養士の監督で作られているので食べすぎを気にすることなく楽しめるのが魅力です。